ケースワーク 自己啓発

組織の中で上手く生きていく方法

 

 

好きなことをやって生きていく!これは凄いことだと思います。誰もが憧れやらなかったあなたが悪いなど言われることがあります。

これができればいいのですが好きなことで生きていくのはとても難しいことだと思います。

私も憧れますが現実を見てしまってダメですね。

20代の半ばぐらいから組織の中で生きていくには何が必要なのか考えるようになりました。

何をすれば組織の中で生きていきやすいのか?

 

人に好かれること

組織というのはピラミッド型ですよね。「今は違う」「そななのは古い、縦社会はだめな会社だ」

そうかもしれません。ただ一部の会社以外はほとんどが今でも縦社会でピラミッド型です。

まず大切なのは人に好かれることです。これが一番大切でしょう。

仕事ができる人とは性格が良い人と考えます。

性格の良い人というのは相手の気持ちになって考えられる人です。

 

組織が望んでいる人材

会社や組織は何を望んでいるのでしょうか?

かわいがられる後輩は何を持っているのでしょうか?

例えば上司や先輩から無理難題や皆が嫌がることを頼まれたとしましょう。その時は率先して引き受けましょう。

「はい!僕やりまーす!」と。

 

相手の悪口は言わない

これは鉄則です。

同僚、上司はもちろん誰に対しても言わないほうがいいでしょう。

もしあなたが悪口、陰口を言うといつの間にか相手の耳に入っています。あなたは組織の中で敵を作ることとなり、その労力にエネルギーを注ぎとてもストレスが溜まることとなります。

また、仲間からもこの人は人の悪口を言う人なんだなと思われ悪い印象を与えます。

 

反論せず一度うなずく

意見の違いやどうしても納得いかない内容を言われたら直ぐ否定するはやめましょう。

その時は「うん」「そうだね」「なるほど」と一度の見込みそれから意見を言うといいでしょう。

 

まとめ

これらのことをやっているといつの間にか組織で中心人物になっていきます。

中心人物になると自然と自分のやりたかったことができるようになります。相手がどうしたら動いてくれるのかどんな心理なのかわかりながら自分の仕事ができます。

最初は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが上記のことを意識して動いてみてください。きっと景色が変わってきます。

-ケースワーク, 自己啓発