おもちゃ・ゲーム 保育

自宅待機中に子供とモノポリー(MONOPOLY)やってみた。

子供の自宅療養と私たちの自宅待機が続いています。子供は退屈で家の中で動き回っています。テレビでは芸能人が新型コロナウィルスに感染してどうやって生活したかを話していましたが、私たちのようなアパート暮らしの家族には上手に別々の生活をすることはとても難しく、また未就学児には寄り添わないと生活できないことがとても多く、日々感染のリスクを負いながら生活しています。

私たち夫婦はPCR検査陰性でしたが気を付けなければいけません。

 

隔離生活で気を付けていること

  1. アルコー消毒(手指はその都度、子供が動いて触ったようだったら消毒、トイレ後の消毒)
  2. 食器は別々で洗っていました。
  3. お風呂は一人で入れないので一緒に入りますが、私はマスクをしています。
  4. 食事を食べる時は別々の方向を向いて食べる。
  5. 寝る時も一緒なのでマスクを着けて窓を開けたり、空気清浄機や換気扇を使用したりしています。起きた時はマスクはずれていますけど。

この位しかできなくて、かなりアバウトに生活しています。

 

そんな中、子供がモノポリーを引っ張り出してきたのでマスクをしながらゲームをしてみました。

モノポリーはマクドナルドのハッピーセットで知りました。その後本物を購入。子供相手なのでルールは適当なところもありますが(子供がやる気を失わない程度に)、ある程度のルールは守ってやっています。

 

モノポリーとは

モノポリークラシックは20世紀初頭にアメリカで生まれたボードゲームです。サイコロを使いながらも運だけでなく、交渉などを駆使して戦略をめぐらすことが圧倒的な人気を呼び、いまでは世界100カ国以上でプレイされています。ボード上の土地を購入して家やホテルを建て、時には銀行からお金を借りて投資をしながら資産を増やします。ゲームのなかで交渉術を磨き、遊びながらお金の流れを学べるのもモノポリーの特徴です。

ハズブロホームページより引用

 

人生ゲームに似ていますが相手と交渉しながら資産を築いき、破産をしたら負け、最後に残った人が勝ちとなります。運だけではなく交渉術も必要です。人生ゲームのようにゴールはありません。

 

子供との遊び方

子供とやる時は子供が楽しめるように盛り上げながら、少しおまけをしてやっています。土地を購入したり家を建てたり、ホテルを建てたり、子供はとても喜びます。

 

 

最後に

無症状の自宅療養と私たちの自宅待機生活は非常に難しいです。ゲーム中はなるべく正面に座らないようにしていました。本当はボードゲームなんてやってはいけなのでしょうね。でも子供が引っ張り出してきて「パパ、モノポリーやろう!」と笑顔で言われると嫌とは言えません。

モノポリーはいろいろなバージョンがあります。我が家ではモノポリークラシックというベーシックなものです。

下がマクドナルドのモノポリーです。ハッピーセットのおまけで付いていました。

 

-おもちゃ・ゲーム, 保育