投資

三井住友カードで積み立て投資を始めます

私はSBI証券で毎月積み立て投資をしています。そんなSBI証券を利用している私に朗報が。

6月から三井住友カードを利用し積み立て投資を行うとポイントがもらえるようになりました。

楽天証券では楽天カード積み立てが可能でしたが、SBI証券でのカード積み立てがなかったのです。

カード積み立てでは実際に何がお得なのか?

 

Vポイントが貯まる

積立額の0.5%のVポイントが毎月貯まります。(毎月最大50,000円)

なので、月250ポイント貯まることとなります。

Vポイントはネットショッピングやコンビニなどで1ポイントと1円で使えます。

 

 

SBIネット銀行への振り込みが必要なくなる

私は年に数回SBIネット銀行にある程度振り込んでいましたが、今後この手間がなくなります。結構この手間が面倒くさいのです。

一度カード登録するだけで入金する手間もなく、毎月自動で取引を行うことができます。

特定口座と積み立てニーサ合わせて50,000円を自動でカード払いをしたいと思っています。

 

ポイントで投資ができる

まだ先ですがこのVポイントで投資ができるようになります。

2022年春~夏頃に始まるそうです。

 

スタートダッシュキャンペーン中

キャンペーン期間中は、カード種類に応じて、積立額の最大3%のVポイントが貯まります。

期間:2021年6月30日(水)~12月10日(金)

 

まとめ

業界最大手のSBI証券の顧客にとって今回のカード積み立ては待ちに待ったものでした。ただ楽天証券では1%のポイントがもらえるので0.5%のポイントでは魅力的とは言い難いです。

私も楽天カードのポイントで投資ができるという理由で楽天証券の口座を開設しました。楽天は楽天ペイにもポイントが利用できるのでとても便利です。この楽天経済圏に適うのでしょうか?Vポイントの利用がまだ手軽にできない。ここがどうしても気になります。改悪が進んでいるといわれている楽天経済圏ですが、新規口座開設数1位の楽天証券の人気はまだまだ続くでしょうね。

-投資