ミステリー

僧正殺人事件  S・S・ヴァンダイン The Bishop Murder Case

更新日:

さくら森2019年最初の更新です。今年も宜しくお願いします。

 

 

石井:宜しくお願いします。

 

 

さくら森:今年もゆる~くがんばるぞ!っと 

 

 

石井:新年は何からいきますか?

 

 

さくら森:そうだな~ S・Sヴァンダインでも行きましょうか。

 

 

石井:お願いしま~す。 

 

 

さくら森:ヴァン・ダインは ファイロ・ヴァンスという探偵が活躍する作品を書いた アメリカのミステリー作家 。

特に「グリーン家殺人事件」「僧正殺人事件」は現代でも評価されてる。

それで、今日は「僧正殺人事件」ね。1929年の作品。

 

 

石井:タイトルが・・僧正って?

 

 

さくら森:僧正って、ビショップって言ったら聞いたことあるかも。チェスの駒で、キリスト教の高位の聖職者。

石井:なるほど。

チェスと関連した話ってことですね。

なんか理解できました。僧正って・・・??ってなりますけど。

 

 

さくら森:そう、チェスも関係する。

見立て殺人って知ってる?

 

 

石井:何かに見立てて事件を起こすんですよね?

 

 

さくら森:うん、伝説とか物語とかの内容に見立てて殺人がおきるんだけど、その見立て殺人の走りがこの「僧正殺人事件」。

この作品の前にも見立て殺人はあったけど、この「僧正殺人事件」が世に広めたみたい。

 

 

石井:歴史に名を残す画期的な作品だったんでしょうね。

 

 

さくら森:そうだね。

「だあれが殺したコック・ロビン」から始まる。

 

 

石井:パタリロじゃないですか!

 

 

さくら森:パタリロでも有名だけど、コック・ロビンってコマドリね。

「コック・ロビンの死と埋葬を悼む挽歌」の一節で、スズメに殺されたコマドリのお葬式やらお墓やら、喪主やらを決めるなんだか不思議な歌なんだよね。

これが童謡なのかって思うけど、イギリスの伝承童謡を集めたマザーグースのひとつ。

石井:マザーグースの童謡に見立てた殺人って言っても・・・

マザーグース知りませんし・・

 

 

さくら森:確かに、日本人にマザーグースって言われても馴染みがないよ。

物語の中で登場人物達が「まさかそんな・・あの童謡を見立ててるのか?」みたいな反応するんだけど、日本人の自分達にはピンとこないよ。

 

 

石井:日本でいうと、わらべ歌とかなんでしょうね。カゴメの歌とか。

 

 

さくら森:あーそうかも「かーごーめー、かーごーめー・・」あの歌謎だよ

かごめかごめ
籠の中の鳥は
いついつ出やる
夜明けの晩に
鶴と亀が滑った
後ろの正面だあれ  

 

さくら森:ちなみに見立てた童謡ね。

コック・ロビンの死と埋葬を悼む挽歌

だあれが殺したコック・ロビン?

「それは私」とスズメが言った

「私の弓と矢でもって、コック・ロビンを殺したの」

だあれが喪主を務めるの?

「それは私」とハトが言った

「いとしいあの方のため、私が喪主を務めましょう」

だあれが彼の死ぬところを見た?

「それは私」とハエが言った

「私のちいさな目をもって、彼が死ぬとこ見とどけた

 

小さな男が昔いた

小さな男が昔いた

小さな鉄砲を持っていた

弾丸は鉛、鉛の弾丸でそれでジョニー・スプリッグの

かつらのまん中撃ったらば

かつらは吹っ飛ぶ、吹っ飛ぶかつら

 

こんな歌しらないでしょ?

童謡に見立てた殺人が当時は画期的で、今でいうサイコパスなストーリー「僧正殺人事件」是非お読みください。では。

 

-ミステリー

Copyright© さくらの森のソーシャルワーカー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.