介護のヒント あなたの力になりたい

さくらの森のソーシャルワーカー

投資

インデックス投資について

投稿日:

 

こんにちはさくら森です。今日は私が行っている投資「インデックス投資」についてお伝えします。

市場全体へ分散投資できる仕組み

インデックス投資とは、市場全体の動きを表す指標(インデックス)への投資する投資信託です。

日経平均TOPIXNYダウなど、特定の市場全体に分散投資できる仕組みとなっています。社会全体の状況に従って値動きが起きるので、初心者でも始めやすい投資と言われています。

 

インデックス投資のいいとろこ

初心者でも始めやすい

インデックス投資では、初心者でもかんたんに分散投資を実践することができます。

日経平均株価に連動するタイプの投資信託であれば、その銘柄を一口購入するだけで東証一部上場銘柄のうち代表的な225社へ均等に投資ができます。

インデックス投資を活用することで、特定の国の株式市場や不動産市場といったような特定のカテゴリー全体へ均等に投資することができます。

銘柄選びに手間がかからない

個別株だと銘柄数が多く情報収集には時間が掛かりますが、インデックス投資では銘柄数も限られており時間をかけずに済み手間がかかりません。

少額から取引を始められる

インデックス投資は100円から始めることもできます。そのため、まずは少額から投資を始めたいという人にもオススメがです。

手数料が安い

投資信託は資金を運用するファンドマネージャーに対して信託報酬を支払う必要がありますが、インデックス投資は信託報酬が安いというメリットがあります。手数料が1%以下に設定されている投資信託も多くあります。

分散投資のため安全性が高い

インデックス投資はジャンルや国に分散するので1つの銘柄を買うだけで市場全体に分散投資する事ができます。個別株に比べて暴落のリスクが低い点がメリットです。

 

S&P500指数

チャート

 

上のグラフはアメリカの指数S&P500です。御覧の通りコロナショックで一時的に下がっても過去10年間でみると右肩上がりです。このように短期的には上下しますが長期的にみると市場は右肩上がりになるのがわかります。

ただ、今まではそうでしたが今後こうなるとは限りません。最近ではアメリカ株が大人気でこのS&Pに投資すれば間違いないと言われますが今後同じように右肩上がりになるとは限りません。

ちなみに私はS&P500、先進国株、TOPIXを中心にしていますが、約5年前から積み立て投資をして現在約35%の含み益です。個別株でうまくいっている人からみるとちっぽけかもしれませんが株の上下に一喜一憂してストレスを溜めるよりは地味ですがこんなもので満足しています。

今はバブルと言われています。私がこんな記事を書くのもバブルの証拠かもしれません。

 

-投資

Copyright© さくらの森のソーシャルワーカー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.