ケースワーク 介護

地域包括ケアシステムの中で、団塊の世代がクレーマーに!?

投稿日:

団塊の世代がクレーマーになっている!

こんにちは。さくら森です。

団塊の世代が高齢者になってこの人たちとどうやって関わっていけばいいのか?

なんだか面倒な存在になってるって聞きますよね。

団塊の世代とは戦後1947年~1949年頃に生まれた人達のことです。

第二次世界大戦が終わり、動員されていた男性が復員し婚姻が急増、子供が沢山生まれ第一次ベビーブームとなり生れた子たちが団塊の世代です。

2025年には75歳以上となります。5人に1人が75歳以上になる時代です。

厚生労働省は2025年までに医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」を構築しようとしています。

 

私たちはこの団塊の世代とどう付き合えばいいのでしょうか?

 

団塊の世代

競争社会で育てきた

古い価値観と新しい価値観を持っている

学生運動の世代

高度成長期~バブルを経験している

 

 

ざっと簡単ではありますが、大まかな特徴です。

団塊の世代がクレーマーと化した時どう対応すればいいのでしょうか?

ポイントは「持ち上げる」ことです。

彼らは時代を作ってきた人たちです。右肩上がりの日本では頑張って働けば成績は上がり、売り上げは伸びる。言われたとおりにがむしゃらに働けば自然と成長していったのです。その成功体験があるので、今の会社員などの仕事ぶりは納得いかないことが多いのかもしれません。そこへ付け込まれて、説明がなってない、施設長を呼んで来いなどとクレームへ発展していくこともあるでしょう。

どうするか?

普段からこの世代には持ち上げたり、ほめることが効果的でしょう。

車やバイク、楽器、洋楽等の趣味も多彩な団塊の世代には、それらの話を話してもらうように進めていき、褒めてあげましょう。もちろん個人差があります。団塊の世代が皆がこの特徴を持っているわけではありません。ただ、人の気持ちは団塊の世代に限らず興味のあることなどの話になると気持ちよくなり、よく話してくれます。相手を褒めて、相手の興味のあることで心を開かせる。対人援助技術の一つです。皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

日本経済を成長させてきたことを褒めてあげましょう。彼らはそれを誇りに思っています。

好きなこと、例えば「車」「バイク」「楽器」「洋楽」などで話をふると喜んで乗ってきてくれます。

プライドをくすぐるように「ほめて」「もちあげて」気分よくしてあげましょう。

上記のことは団塊の世代に関係なくどの世代の人にも効果的です。これから地域で高齢者を支え合っていくうえで人間関係の構築の仕方としても大切なコミュニケーション技法です。

-ケースワーク, 介護

Copyright© さくらの森のソーシャルワーカー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.