ハサミ男 殊能将之 Scissor Man

パンク所長:ハサミ男いってみよー!

レッド研究員:なんですかこれ「ハサミ男」って。

パンク所長:ミステリ―好きなら必ず読んでいる?だろう・・こいつを今日は紹介するね。

レッド研究員:ハサミ男っていうと、シザー・ハンズ思い出しますね。

パンク所長:うん、そうだね、それと自分はゲームのクロックタワー

レッド研究員:やりましたよ。

大きなハサミを持ってハサミ男が追っかけてくるですよね。

あれより怖い話ですか?

もしくは、似たような話?

パンク所長:えっとね・・

ハサミ男は三人目の犠牲者を殺害するために女性の後を着け、私生活や日常生活経路を探っていた。何日もかけて女性を探り殺害するタイミングを待っていたら・・・なんとその女性が殺害されていた!しかもハサミ男と同じハサミを使い同じ方法で!ハサミ男は偽物のハサミ男を探し始める。犯人は!?

レッド研究員:えーなんか想像してた話と違う!

パンク所長:でしょ!

レッド研究員:ハサミ男が先を越されてたってこと。

パンク所長:そう。

レッド研究員:なんだか・・・すごいです。

パンク所長:そんでこれ、最後の方は怒涛のごとく「え?何?何?どういうこと?」って突き進んでいく。

ハサミ男ってあなたですか? えじゃーこの人は?混乱したよ。

そうそう、この小説にセックス・ピストルズが出てくんだよ。

テレビでピストルズが「プリィティ・ヴェイカント」を演奏してるの観て、コミックバンドが「スーダラ節」のカバーを演奏してた・・・って書いてある。
似てるかな?

レッド研究員:う~んどうでしょう?

パンク所長:この小説500ページ位あって結構長いんだよ。
情景描写いちいちいらないな~って思うことが多々・・がんばって読んでみましょう。

以上「ハサミ男」でした、では。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)