Yの悲劇 エラリー・クイーン The Tragedy of Y / Ellery Queen

パンク所長:前回に続き今回もエラリー・クイーンです、「Yの悲劇」だよ。

レッド研究員:これは聞いたことがあるような・・・

パンク所長:有名だよ、1932年だから86年前の作品だけど不朽の名作。

レッド研究員:1932年!古すぎる・・

パンク所長:前にも言ったけど「Xの悲劇」「Yの悲劇」「Zの悲劇」「レーン最後の事件」の4部作品の2番目の作品で、今回もドルリー・レーンが事件を推理していく。

この4部作品では「Xの悲劇」「Yの悲劇」がエラリー・クイーンの名作と言われてて、特に「Yの悲劇」はミステリーの定番と言われている。

レッド研究員:なんでそんなに人気があるんですか?理由を知りたいです。

パンク所長:そうだねー、1932年当時は衝撃的な内容だったと思う、犯人とラストがね。2018年の現代では、「へー、そうなんだ」で終わるかもしれないけど。

レッド研究員:あらすじお願いします。

パンク所長:えーとね、アメリカの裕福な家族がいてね、その家族が皆ちょっと変わってるんだよ。

これ読んでて感じたのは70年代のSex Pistols(セックス・ピストルズ)のメンバーや取り巻きが毎回ハチャメチャなことをやらかす感じに似てるかも。

レッド研究員:イギリス中を敵に回した当時のピストルズですか。

パンク所長:そうそう、そんでマスコミも面白がって「何か言ってくれ!」「一言!くれ!」「悪態をついた言葉をくれ!」みたいにこの一族にもマスコミが着いてくる

レッド研究員:なるほど。

パンク所長:ほら、シド・ヴィシャスがナンシー殺害容疑で逮捕されて、その後死んじゃうじゃん?マスコミが「あのピストルズのシドが殺人!」とか言って騒ぎ立てたでしょ。ほんとあんな感じの家族だよ。

事件はね化学者のヨーク・ハッターとその妻エミリー・ハッター一族が住むハッター家で起こる。

ハッター家の住人と関係者

  • ヨーク・ハッター(化学者)
  • エミリー・ハッター(その妻)
  • ルイーザ・キャンピオン(エミリーの先夫との娘)
  • コンラッド・ハッター(長男)
  • マーサ・ハッター(長男の妻)
  • バーバラ・ハッター(長女)
  • ジル・ハッター(次女)
  • ジャッキー・ハッター(コンラッドとマーサの息子)
  • ビリー・ハッター(コンラッドとマーサの息子)
  • ジョン・ゴームリー(コンラッドの共同事業主)
  • アーバックル夫人(家政婦)
  • ジョージ・アーバックル(その夫 雑用係 運転手)
  • エドガー・ペリー(ジャッキーとビリーの家庭教師)
  • トリヴェット(引退した船長 ハッター家の古くからの友人)
  • メリアム(ハッター家の主治医)
  • チェスター・ビゲロー(ハッター家の顧問弁護士)
  • ヴァージニア(老女中)
  • スミス(看護師 ルイーザの世話係)

レッド研究員:これがハッター家の面子ですか、今回も多いですね。

パンク所長:いきなりハッター家の主人ヨーク・ハッターの死体が発見されて始まるんだよ。その後、ある人がマンドリンで殺害される。

レッド研究員:マンドリン?

パンク所長:そう、マンドリンって楽器のね。それがこの事件の最大の謎となる。

レッド研究員:う~ん、謎ですね。

パンク所長:犯人の結末は結構心にグサッときた。「あ~、ドルリー・レーンさん・・あなた・・・」ってね。

ミステリーの定番「Yの悲劇」是非読んでみてください。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)