Xの悲劇 エラリー・クイーン The Tragedy of X / Ellery Queen

パンク所長:今日はエラリー・クイーンの「Xの悲劇」を紹介するよー

レッド研究員:オーケー!いってみましょう!

レッド研究員:エラリー・クイーンって有名なんですか?

パンク研究員:有名だよ、特にこの日本では人気のあるミステリー作家、アガサ・クリスティーの次位に人気がある。

レッド研究員:へー日本で特にですか。

パンク所長:「Xの悲劇」はドルリー・レーンという探偵が活躍する作品で、「Xの悲劇」「Yの悲劇」「Zの悲劇」「レーン最後の事件」とレーン四部作の最初の作品。ちなみに当時はバーナビー・ロスという偽名で出してたんだよ。

レッド研究員:別名で出してたんですか変わってますね。

パンク所長:小説の最初にそれについて理由も書いてある。それはそうと、まず登場人物ね。

  • ロングストリート(株式仲買人)
  • ドウィット(ロングストリートの共同経営者)
  • ファーン(ドウィットの妻)
  • ジーン(ドウィットの娘)
  • クリストファー・ロード(ジーンの婚約者)
  • エイハーン(ドゥィットの隣人)
  • チェリー・ブラウン(女優、ロングストリートの婚約者)
  • ポラックス(俳優)
  • アンぺリアル(ドゥィットの知人)
  • コリンズ(公務員)
  • アンナ・プラット(ロングストリートの秘書)
  • チャールズ・ウッド(車掌)
  • ホワン・アーホス(ウルグアイの領事)
  • ライオネル・ブルックス(弁護士)
  • ブルーノ(地方検事)
  • サム(警視)
  • シリング(検死医)
  • ドルリー・レーン(探偵)

レッド研究員:多いですねー

パンク所長:確かに多い。

レッド研究員:でっどんな話なんですか?

パンク所長:ドルリー・レーンっていう60歳で元俳優の探偵がこの物語の主人公、この人が謎を解いていきます。

ロングストリートとドウィットは株式仲買人の会社を二人で経営して。ある日ホテルの一室でロングストリートの婚約パーティーが開催されます。

その後場所を変えてロングストリートの家に皆で飲み直そうとなり、市街電車に乗り込みます。ここで最初の殺人事件が起こります。

雨で満員の市街電車に乗り込んだあと、ロングストリートがポケットに入っていた毒針(針を突き刺したコルク玉)に手を触れ電車内で死亡します。

ドルリイ・レーンはこの依頼を受けてすぐに犯人が誰だかわかっちゃうんだけど、確実な証拠がなく犯人を泳がせます。

次にチャールズ・ウッドという男が殺されます。こんな感じで第三の殺人事件も発生し、あっと驚く結末が待っています。

レッド研究員:なんだか複雑そうですね。レーン探偵は最初から犯人解っちゃうんですか?

パンク所長:そうみたい、「私はこの犯人が誰だか見当がついている」と言っちゃうんだよ。

レッド県研究員:もったいぶって言わないんですか?

パンク所長:自分もそこがね、もったいぶって後半まで行く・・・

この作品自体は1932年のもので古くて話が長く感じるけど、更に知っているくせに長く引っ張るなよってなる。

レッド研究員:古い映画とかもありますよね。ダラダラ長いの。

パンク所長:ダラダラ長くって感じじゃないけどね。読んでいくと後半から止まらなくなる。ただ、レーン探偵のシェイクスピアの例えとか、ちょっとクドイし、「またかよっ!」てなる。

レッド研究員:パンクな探偵って感じではない?

パンク所長:そうだね、どっちかというとプログレな感じだ。

レッド研究員:パンク所長の久しぶりのパンク節を聞きました、なるほどわかりやすい。

パンク所長:きれいにまとまった作品だとは思うよ。なんだろ、優等生的で遊びがないかもね。

レッド研究員:きっちりした作品ってことですね。

パンク所長:うん。ただ、ミステリーの古典的名作だから必読です。犯人Xが積年の恨みをはらすために5年の計画で行った犯行すごいです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)